田原メディカルクリニック 診療科目

トップ > 診療科目 > 外科・整形外科

外科・整形外科

治療・検査の特徴

院長は毎日外科・整形外科の診療にあたっており、当クリニックの外科・整形外科の特徴は、地域に密着した医療の実践です。また北里大学および北里大学東病院と直結した連携医療を実現しています。

リハビリテーションでは、特に物理療法を行える設備の充実が特徴的です。

しかし、リハビリだけで漫然と治療されることなく、関節注射やトリガーポイント注射、神経ブロックなどの直接的な疼痛対策、さらに手術の適応があるような症状であれば、大学病院等に早急なご紹介をしています。
専門医は毎週定期的に診療を行っており、変形性股関節症や大腿骨頭壊死など股関節疾患全般にわたる股関節外科、難治性骨折を含む様々な外傷を治療出来る外傷外科を専門にしています。

しかしその他にも、大学病院レベルの医師による診療と治療を提供しており、対象疾患には、腱断裂やバネ指やドケルバン病などの腱鞘炎及び手指骨折・手舟状骨骨折・橈骨遠位端骨折などの手の外科、上腕骨外上顆炎(テニス肘)や野球肘(肘離断性骨軟骨炎、肘靭帯損傷)などのスポーツ障害、手根管症候群や肘部管症候群などの絞扼性末梢神経障害、高齢者の外傷、スポーツによる膝靭帯損傷や変形性膝関節症などの膝の外科、外反母趾などの足の外科、骨粗鬆症、腰椎間板ヘルニアや高齢者脊椎疾患などの脊椎外科、さらに関節リウマチなどにも対応しています。
また、専門医が最先端の医療知識や技術を習得するために、学会や出張で交代医師が出勤することもままありますので、ご理解ご了承のほどお願いいたします。