田原メディカルクリニック 診療科目

トップ > 診療科目 > 内科 (消化器 ・ 循環器 ・ 呼吸器)

一般内科

治療・検査の特徴

体の各臓器の疾患、ストレスや不安、内科疾患全般の診断を行い、適切なタイミングでの各専門診療科への相談・紹介を行っています。
風邪や腹痛などの一般的な病気の受診などは、まずはこちらを受診してください。

消化器科

治療・検査の特徴

消化器系とは、食物の摂取、消化、消化された食物からの栄養素の吸収、排泄、および、それらを行うための運搬といった働きを担う器官群のことで消化管と消化腺に分けられます。

  • ・消化管とは食物を消化しながら運搬する管(くだ)で、 食道、胃、小腸、大腸、肛門がこれにあたります。
  • ・消化腺とは消化を助ける様々な分泌物を合成、分泌する腺(せん)で、肝臓、胆のう、膵臓がこれにあたります。

消化器系の大部分の臓器は“おなか”に存在しますので、“おなかの調子が悪い”ということは消化器科の対象なることが多いのです。“おなかの具合が悪い”ときご相談ください。

対象となる疾患

  • ・逆流性食道炎
  • ・胃・十二指腸潰瘍(ヘリコバクター・ピロリ菌感染を含む)
  • ・過敏性腸症候群
  • ・炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病など)
  • ・腫瘍性疾患(ポリープ、癌など)
  • ・肝臓病疾患(肝炎、肝硬変症など)
  • ・胆道疾患(胆石症、総胆管結石症、胆のう腫瘍など)
  • ・膵臓疾患(膵炎、膵腫瘍など)

こんな症状のとき

  • ・お腹が痛い
  • ・お腹が張る
  • ・吐気、嘔吐
  • ・黄疸(白めが黄色い)
  • ・下痢が続く
  • ・便が出ないなど

診察の流れ

  • ・症状を詳しく伺います(問診)
  • ・診察(視診、触診、聴診、打診)
  • ・検査(採血、腹部レントゲン、腹部CT(ヘリカルCT)、
     腹部超音波、胃カメラ、大腸カメラ)―予約性の検査もございます
    • ・腹部CTは撮影後に放射線専門医が読影しております。
    • ・腹部超音波検査は専門の検査技師が施行しております。
    • ・胃・大腸カメラは消化器内視鏡専門医が施行しております。

なお当院では現在、経鼻内視鏡(細径化胃カメラ)は導入しておりません。
文字どおり鼻から従来の約半分の太さの胃カメラを挿入することで、嘔吐反射(ゲエーツ・オエーツ)が抑えられ楽に検査が受けられるという最近流行の検査法です。

しかし、その一方で細径化による解像度が悪くなり(よく見えない)、病変の“見落とし”が問題となっております。

当院では実際に細径胃カメラを含めた内視鏡画像を比較・検討し、高解像度のオリンパス社のハイビジョンスコープシステムを導入致しました。

嘔吐反射が強い方にはご希望により静脈麻酔による鎮静下(寝ているうちに)で検査を施行しております。 

循環器科―心臓、血管に関する病気を扱います

治療・検査の特徴

循環器疾患には次のようなものがあります。

  1. ・高血圧
  2. ・不整脈
  3. ・虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)
  4. ・動脈硬化(動脈瘤、動脈閉塞)
  5. ・弁膜症(先天性、後天性)
  6. ・心不全
  7. ・心筋症
  8. ・静脈(下肢静脈瘤)

このような場合はご相談ください

  1. ・どうき・息切れがする
  2. ・呼吸が苦しい
  3. ・脈が飛ぶ
  4. ・胸が痛い(圧迫感)―左前胸部
  5. ・頭が痛い
  6. ・むくみがある
  7. ・「心臓に雑音がある」といわれた
  8. ・高脂血症・動脈硬化が心配
  9. ・心臓の手術後の経過をみてほしい

当院ではこんなことができます

  1. ・レントゲン
  2. ・心電図
  3. ・ホルター心電図(24時間心電図)
  4. ・心臓超音波検査(心臓の動きや弁の逆流がわかります)
  5. ・頚動脈超音波検査(動脈硬化の程度がわかります)
  6. ・眼底検査(動脈硬化の程度がわかります)


高血圧は日常の診察で最も多い病気であり、現在では国民の4分の1が高血圧であると言われています。
わが国では生活習慣の欧米化や高齢化社会の進行など、高血圧となりやすい環境が進んでおり、高血圧への対策・予防は今日の重要な問題となっています。
血圧を下げることにより高血圧に伴う臓器障害(脳卒中、心肥大、心筋梗塞、腎硬化症、動脈瘤など)のリスクを低下させることができますが、降圧薬を飲み始めると一生飲まなくてはいけないと思っている方がいらっしゃいます。
高血圧以外の糖尿病、高脂血症なども含めた生活習慣の修正(食事・運動・禁煙)など総合的な管理により、降圧薬の減量・中止も可能となります。
決して自己の判断で降圧薬を中止しないで下さい。

呼吸器科 - のど、気管・気管支、肺に関する病気を扱います。

治療・検査の特徴

呼吸器疾患には次のようなものがあります。

  • ・感染性肺疾患―カゼ、気管支炎、肺炎、結核、肺真菌症、膿胸
  • ・閉塞性肺疾患―ぜんそく、肺気腫(COPD)、気管支拡張症
  • ・拘束性肺疾患―間質性肺炎
  • ・腫瘍性肺疾患―肺がん
  • ・胸膜縦隔疾患―自然気胸、縦隔腫瘍
  • ・呼吸不全―在宅酸素療法、睡眠時無呼吸症候群

このような場合はご相談ください

  • ・せき・痰―長引く、痰が汚い、血が混じる
  • ・風邪がなかなか治らない(び熱、せき・痰)
  • ・息切れ、呼吸が苦しい(動作時、安静時)
  • ・胸が痛い
  • ・日中眠気が襲う、いびきがひどい
  • ・健康診断を受けたい
  • ・健康診断で、「肺に影がある」といわれた
  • ・肺炎球菌ワクチン、インフルエンザ予防注射をうけたい

当院ではこのようなことができます

  • ・レントゲン写真
  • ・CT(ヘリカル、HRCT)
  • ・呼吸機能検査(肺活量、肺年齢)
  • ・酸素飽和度(血液中の酸素濃度測定)
  • ・睡眠時無呼吸検査
  • ・在宅酸素療法(導入、維持・管理)

診察治療の手順

  • 1. 問診(お話を伺います)
  • 2. 診察(視診、触診、打診、聴診)
  • 3. 検査(レントゲン、採血、呼吸機能検査、酸素飽和度、CT
  •    -検査によっては後日予約となります)
  • 4. 診断(CTの読影は放射線専門医が行います)
  •   週2回、呼吸器専門医の診察日があります
  • 5 .処方(入院・精密検査が必要な場合は近隣の医療機関を紹介いたします)